本文へ移動

引き戸~使い勝手のよい建具~・日常のお手入れ方法

引き戸は、長い間、日本でもっとも一般的で代表的な建具でした。長い歴史と伝統があるだけに、機能的にも優れ、安心して使えるため和室にも洋室にも人気の高い建具です。
溝やレールの上で開閉する(戸車を使うものもあります)方式とハンガーレールに吊られて開閉する方式などがあります。いずれの構造の建具も、たいへんスムースに開閉し、使いやすくなっています。
壁面を利用しているので、開閉のための余分なスペースが必要ありません。
また、バリアフリーとなるハンガー吊りは、車椅子やお年寄りにも使い勝手がよいという特徴もあります。
日常のお手入れ方法
引き戸の手入れはドアの手入れと同じですので、ドアの手入れページを参照してください。
ここでは引き戸ならではの部品のお手入れを紹介します。
●ほこりが大敵
溝やV型レール、戸車などは、ほこりがたまりやすい所です。掃除機を使ってこまめにほこりをとって下さい。
戸車(ハンガーレール式の場合は、吊り車)の動きが悪くなったら、シリコン系潤滑剤をごく少量、吹き付けて下さい。
それでも動きがよくならなかったら、戸車を交換して下さい。
大掃除の時には、戸車をはずして溝やレール、戸車や吊り車をていねいにメンテナンスすることをおすすめします。
一年に一度、こうしたお手入れをしておくと、いつも気持ちよく動いてくれます。
なお、建具は意外と重いものです。はずす時は、倒したりしないように注意してください。
TOPへ戻る